作りが精巧でとても繊細!機械式時計の手入れ

機械式時計ってどこに置けばいいの?

機械式時計というのは、ひとつひとつ職人の手作りで作られているため、その造りは繊巧かつ巧妙であり、したがって手入れするのも一苦労です。機械式時計は日常保管しておく場所にも工夫しなければならないものですよね。機械式時計は作りがとても複雑であるため、ちょっとした外部環境にも敏感です。たとえば湿気の高いところや気温の高いことろ、あるいは時期にも弱いため、このあたりに配慮して保管をしなければなりません。衝撃にも弱いため、できるだけ落下の危険のないところに置くようにしましょう。

ゼンマイはどのくらい巻くべきか?

機械式時計はゼンマイで動く時計です。最近ではゼンマイ式とはいえ自動式のものが多いので、自分の手でゼンマイを巻かなくてもよくはなっていますが、より伝統的でこだわりの強い機械式時計は手動でゼンマイを巻かなければならないものもあります。そういう時計ってどのくらいゼンマイを巻けばよいのかふとわからなくなってしまうものですよね。機械式時計のゼンマイは、一日一回決まった時間に巻くと良いです。何度も巻き過ぎてしまうと却って時計の寿命を縮めてしまうこともあるので注意した方が良いでしょう。

毎日使っても大丈夫?

機械式時計はとても繊細なつくりをしており、ちょっとした衝撃や湿度などの関係でも調子が悪くなってしまうような、手入れの難しい代物です。でもやっぱり、そんな繊細な機械式時計であっても、毎日使いたいものですよね。機械式時計は毎日使っても大丈夫なのか、疑問に思っている人も多いでしょう。実のところ、むしろ毎日使ってあげた方が機械式時計にとっては良いことなのです。毎日使ってあげることで、機械式時計も常に動くことができ、潤滑油が程よく馴染んで長持ちしやすいのです。

ウブロは高級腕時計メーカーとして、世界的に有名ですから、その信頼度の高さから、高額買取が期待できます。

注意しよう!お土産選びで気持ちを伝えるために意識したいこと

相手の好みやイメージを大切にする

お土産と言うのは、もらうと嬉しいものですが、どういった物かによって喜びの度合いが違ってくるものです。と言っても、何も高い物だと良いと言うわけではなく、ポイントは、自分のことを考えて選んでくれたと思えるかどうかです。自分の好きなキャラクターや柄、模様のアイテムを選んでくれたら嬉しいものです。好みがわからないとしても、こういうのが似合う、好きだろう、と言った予測の元、お土産選びをしてくれたことが伝わってくれたら、やはり嬉しくなります。

珍しい味のお菓子は避けた方が無難

お土産の定番と言えばお菓子ですが、地域によってはとても変わった味のお菓子があります。気心の知れた友達や仲の良い同僚たちに、面白半分のような感覚で渡す分には大して問題はないでしょうが、あまり関係がほぐれていない仲の相手にこうした商品を選択すると、適当に選ばれたと感じたり、安かった物を選んだらこういう変わった物だったのか、と言った余計なことを思わせることにつながりがちです。よくあるバニラやチョコ味など、無難な線で選んでおいた方が良いでしょう。

自分のおすすめを選ぶ

お土産選びでは、相手が喜びそうな物をあげる、と言うのは大切にしたい基本的な考えですが、自分のおすすめの物をあげると言うのも、なかなか良い方法でしょう。相手に喜んでもらえそうで、なおかつ、自分が好きだから、ぜひすすめてみたいと思って選んだ、と言う両方の要素が入っていれば、気持ちの盛り上がりも期待できます。お菓子であれば、試食しておいしかったから選んだ、と言うことを伝えながら渡すと、いい加減に選んだわけではないことが伝わって良いでしょう。

スカイツリーの土産の売れ筋は東京に因んだ東京ばななやツリー型のトマトジュース、キーホルダーなどここでしか手に入らないものが上位を占めています。