壁面緑化の意外な事実!空気浄化に騒音低減も

壁面緑化のおかげで空気がよくなる

壁面緑化は、壁面を植物で覆うわけなので、その植物による大気浄化効果が期待できます。つまり、植物が葉っぱから二酸化窒素などの大気汚染の成分を吸収し、無害な物質に変換してくれるというのです。驚きですよね。これなら、大気汚染が深刻な都市部でも、環境対策の切り札として壁面緑化が期待されているというのも納得です。もちろん、大気汚染を根本的に解決するには、二酸化窒素を排出している自動車や工場への対策も重要ですが、壁面緑化もあわせて行うことが効果的なんですね。

壁面緑化で騒音も気にならなくなる

昔から、植物と騒音との関係について研究がされてきたということをご存知でしょうか?外国では、ジャングルのような植物が多いところで、音が植物にどのような影響を受けるかの調査研究がされているんです。その結果、植物にはごく僅かながら、音圧低減効果があることがわかってきました。わたしたちの周りで壁面緑化が多くなると、車の音や人々の生活音などが、少しだけ静かに感じられるようになるかもしれません。ちなみに、壁面緑化だけではなく、街路樹にも同様の騒音低減効果があるということです。

壁面緑化による癒やし

緑の植物を眺めていると、イライラがおさまったり、疲れた心が癒されるという経験をしたことありませんか?昔から、植物には人の心を癒やす効果があることがわかっています。その理由として、様々な説が述べられていますが、はっきりとした理由はわかっていないそうです。一説によれば、植物から発せられる、ある種の香り成分が原因だということです。壁面緑化が多くなると、街のあちらこちらで植物を目にする機会も増えるので、癒されることも多くなりそうです。

壁面緑化については、ゴーヤなどのつたをはる植物を地上や屋上から栽培し、壁面につたをはわせることで実施します。

誰でもブランド品を持っていた!?購入した時の状態の中古品

バブルのころは誰でもブランド品を持っていた

ブランド品は高価なもので多くの人が手にすることは難しいものでしたが、バブル景気を機に誰もが簡単に入手できる世の中になったのです。何も特別なものでもなくお金持ちだけが手に入れることができる品物ではなくなり、多くの人が購入するようになったのです。しかしバブルがはじけた後は誰もが購入できる状態になくなったのです。ブランド品は元々は資金的に余裕がある人が購入するものであり、多くの人にはそのような余裕がないのが普通なのです。

購入しても使用することが少ないブランド品

そのために最近ではそのころに購入したと思われるブランド品が中古品として販売されていることが多いです。一般的な生活水準の人が購入してもなかなか使用する機会がなかったり、使用すること自体ももったいないと感じて使用していない場合が多いため、比較的汚れ等が少ないものも多いです。通常は日常品として購入するもので、それがたまたまブランド品というのが裕福な人の考え方ですが、一般的な生活水準の人にとっては贅沢品というイメージがあるために日常生活においても使用しないで取っておくケースが多いです。

本当にそのブランド品が好きな人

ブランド品であっても当然流行という面を考慮すると昔のモデルであることが多く、最近の評価ではどうしても低くなります。しかし品物の状態はいいので、そのブランドが本当に好きだという人は、ファッションアイテムとしてではなく、実用品として中古のブランド品を購入しています。そこには流行に左右されることなく、またお金持ちのステータスシンボルというイメージではなく、使いやすい、なじみやすいといった実用面が評価されて購入されています。

銀座で買取を成功させるポイントは店の内容を確かめ、なるべく高く買い取ってもらえるように段取りを決めることです。